海上自衛隊呉地方総監部視察

護衛艦かがにて

護衛艦かがにて

2019年12月4日(水)

12月4日(水),海上自衛隊呉地方総監部と護衛艦「かが」の船上
視察を県議団で行いました。呉地方総監部では杉本地方総監より歓迎
挨拶の後,呉地方総監部の役割やその活動状況などを聴取しました。
現庁舎は明治40年(1907年)第2代呉鎮守府として竣工された
物だそうです。施設内では歴史ある重厚な建物や地下壕,司令部など
当時をしのばせる物でした。
次に,移動して護衛艦「かが」を視察しました。護衛艦「かが」は,
先にトランプ大統領が訪日した際に乗船したことでも知られています
が,全長248m,幅38mと海自最大級の艦の一つです。高度な指
揮統制能力,航空機の運用,災害時の対応など多目的な任務が可能と
のこと。約1時間の見学でしたが,その大きさと機能性にただただ驚
くものでした。